ニュース‎ > ‎

第1回 BA車座(BA-KURUMAZA)のご案内(10/23開催)

2012/10/11 19:34 に 飯泉純子 が投稿   [ 2012/10/11 19:34 に 進藤寿雄 さんが更新しました ]
アジャイルプロセス協議会が後援するイベントのご案内です。

■■ IIBA日本支部ビジネスアナリシス研究部会主催
■■ 第1回『BA車座(BA-KURUMAZA)』を開催いたします
■■ 2012年10月23日(火) 19:00 - 20:50 (文京区シビックセンター)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       BBC2012 "Building Agile Enterprise"連動企画
       ~これからのビジネスアナリシスの話をしよう~

       「北米におけるビジネスアナリシスの潮流と
                    アジャイル・ビジネスアナリシス」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆開催要件

■日時:2012年10月23日(火)
   18:30  開場
   19:00  講演
      BBC2012 "Building Agile Enterprise"連動企画
          ~これからのビジネスアナリシスの話をしよう~
         「北米におけるビジネスアナリシスの潮流と
                          アジャイル・ビジネスアナリシス」

      IIBA日本支部研究担当理事
      IIBA BABOK v3 Development Contents Lead
                            宗 雅彦 (Masahiko Soh)

   20:20  質疑応答
   20:50  終了

■講演概要
 経営環境のグローバル化が、人の認識能力をはるかに超えた
 ビジネスプロセスの複雑化を招くとともに、ローカルな問題が
 瞬時に大規模な問題として伝搬するという、不確実で不透明で
 激変する経営環境をもたらしました。

 BABOKを開発する国際NPO団体IIBAが新たに打ち出したメッセージ
 "Changing Change"は、このような経営環境の中で、存続と発展を
 追求する組織に対して表明したIIBAによる支援の意思表示です。

 また現在、開発中の「ビジネスアナリシスの知識体系ガイド
 BABOKバージョン3」は、"Changing Change"をテーマに、その
 体系の再構築の過程にあります。

 この講演では、BABOKバージョン3開発リーダーでもあり、ビジネス
 アナリシスの研究・普及活動に努める宗雅彦が、北米における
 ビジネスアナリシスの潮流を俯瞰しながら、イノベーションを生み出し
 経営の変革に寄与するビジネスアナリシスの方法を「アジャイル・
 ビジネスアナリシス」と定義し、これからのビジネスアナリシスの
 果たすべき役割について考察します。

■場所:
  文京区シビックセンター 4Fシルバーセンター・ホール
  住所  東京都文京区春日1-16-21 
  http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
  交通機関 
  東京メトロ 後楽園駅・丸の内線(4a・5番出口)
  南北線(5番出口)徒歩1分 
  都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分 
  JR総武線 水道橋駅(東口)徒歩9分 

*特定団体の関係でご参加の方は、コメント欄に団体名の記入をお願いいたします。
   例: ITCA、アジャイルプロセス協議会、PMI日本支部、JISTAなど

■受講料:無料

■お申し込み方法
  下記サイトからのお申し込みをお願いいたします。
   URL: http://kokucheese.com/event/index/52881/

  ☆定員は100名を予定しております。
    定員を超えることがありますので、お早目にお申し込みください。
  ☆また満席の場合、抽選をさせていただく場合がありますので
    予めご了承ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ BA車座(BA-KURUMAZA)とは

IIBA日本支部ビジネスアナリシス研究部会が、ビジネスアナリシスの実践に関する
知識・知見の交流を横断的に行うことを目的として開催するものです。
ビジネスアナリシス研究部会およびIIBA日本支部会員に限定することなく、ビジネス
アナリシスの実践に強い関心と意欲を持つ実務家が、ひとつの場に参集し、多様な
実践知を共有し、さらなる実践につなげることで、ビジネスアナリシスの普及と発展
に寄与することを目指します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Comments